読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 The Economistを読むブログ

イギリスの週刊誌 The Economistを読んでひとこと

より快適な町

今日は、The Economistの紙面を離れて電子版でアクセスできるDaily chartの記事を見てみます。「世界の都市の暮らしやすさ」を数値化したデータが出ているのですが、それによると最も暮らしやすいのはオーストラリアのメルボルン、ついでオーストリアのウィーン、カナダのバンクーバートロントという順番になっています。誰にとって暮らしやすいかという議論もあるかもしれませんが、東京はベストテンからこぼれ落ちているものの、だいぶ上にランクされていて、100点満点中の95点くらいはもらえているようです。

他方で、住みにくい都市というのもありまして、特にここ数年で済みにくくなった変化の度合いで言うと、シリアのダマスカス、リビアトリポリウクライナキエフなどは点数の落ち込み具合が激しいです。アテネやモスクワ、チュニスなどの町も結構大きな落ち込みを見せている反面で、プノンペンボゴタ、ドバイ、台北などが点数を伸ばしています(確かにプノンペンはここ数年の間、毎年訪れていて思うのですが、だいぶ暮らしやすくなったと思います)。

やや気になるのは、東京がほんの少しですが点数を下げていることですかね。確かに安全性やインフラなどは、これ以上良くなる余地が少ないのに対して、経済や少子化などは不安要因といえばそうなので、「上がる」というのは難しいのかもしれませんが。