読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 The Economistを読むブログ

イギリスの週刊誌 The Economistを読んでひとこと

新首相への期待

ネットでは、5月24日号が流れています。表紙とそしてLeadersのトップでは、先日の総選挙でインドの政権についたBJP党首のナレンドラ・モディ氏が大きく取り上げられています。つい先日もインドについては書いたばかりで、記事の内容もさほど大きく変わってはいないのですが、しいて言えばしがらみに潰された国民会議派とは違い、経済再生への大きな期待と強い支持基盤があることへの期待が強くにじみ出ていること、そしてヒンディ主体のBJPにとっては大きな課題であるイスラム、とくにパキスタンとの関係づくりについての論評が加えられたこと、くらいでしょうか。それでも当選のご祝儀なのか、モディ氏をイスラエルの強硬派であったベギン元首相がエジプトとの和平を推し進めた事例に例え、パキスタンのブット首相を就任式に招いたことを歓迎する書きぶりとなっています。

(ちなみに、記事にはインドの各州と世界各国の人口を比べた地図が出ていて、日本は西ベンガル州一州と同じくらいなのだとか。へーそうですか、って感じでしょうか。http://www.economist.com/blogs/graphicdetail/2014/05/daily-chart-14

同じアジアの新興国であった中国に、こと経済面では大きく水をあけられた感のあるインドですが、新しい首相の下、経済の活性化が進むことを祈ります。