読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 The Economistを読むブログ

イギリスの週刊誌 The Economistを読んでひとこと

弾劾のあとには

The Economist12月17日号のLeadersにはシリア内戦、サイバー戦争と中国などの話題と並び、大統領弾劾が成立した韓国についての記事が出ています。北朝鮮の核開発が続き、アメリカ大統領選の直後に、ある意味で最悪のタイミングに力の空白を許すってどうなのよ、と言わんばかりのトーンです。

日本のメディアは今のところ、言いたいことも控えて事実関係のみを報道しているという感じだと思いますが、よりによってこのタイミングでなくても、と思った方は少なくないのではないかと。

本命候補がいない中で、担ぎ上げられる新大統領に指導力は期待できるのか?何より日本がさっさと10億円払った慰安婦問題はあっさりと蒸し返される可能性も出てきたわけで(蒸し返したいのなら、まず10億返したうえで話に来い、でしょうか)、全くもってやれやれ、という感じです。