読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 The Economistを読むブログ

イギリスの週刊誌 The Economistを読んでひとこと

気候変動をめぐる株主の動き

The Economist 5月21日号のBusinessは、そのトップ記事で石油・天然ガス資源の開発会社(いわゆるオイルメジャーなどです)に対する株主の動きの中で、地球温暖化対策など環境に関わる要求が高まっていることについての記事が出ています。

機関投資家の中にも、これらの企業に対して環境対策についての対応を強く求める動きが出ていて、大手石油会社の中にもたとえば天然ガスの開発比率を高める、あるいは再生可能エネルギーに関する技術開発を優先させる等の対応策を取っているところが出てきているようです。

他方で、原油安から落ち込んだ石油資源の開発は昨今の価格揺れ戻しもあって、2016年を谷底にV字回復が予想されているのだそうで~中国の景気減速とは時差があるようですが~、環境団体から比較的優良とされている開発会社でも、たとえば北極海天然ガス田開発などに踏み出さないと市場の要求には対応できない模様です。CO2削減に逆行するこれら新規開発について、環境保護を企業に強く求めるようになった機関投資家がどのような反応を見せるのか?確かに注目されるところではありますね。